★エイテックス キャリフリーとは…

椅子に取り付けて使うタイプのベビー用チェアベルトです。
普通の椅子に取り付けるだけで、ベビーチェアの様に転落しないように座らせる事が出来ます

★元々は持ち運べるベビーチェアを持ち歩いていました

我が家では、お出かけ時にはテーブルに取り付けるタイプのベビーチェアを持ち歩いていました。
どこでも子供用の椅子がある訳でもないし、あってもベルトがついてなくて一人で座らせるには厳しかったからです。
しかし、今覚えば無駄に苦労してたなと思える欠点がいくつかあったのです。

思った以上にかさ張る

勿論、ベビーチェアは折りたためるし持ち運べるような代物な訳ですが、子供を連れている状況で持ち歩くには重かったりします。

テーブルの形状によっては取り付けに苦労する

ベビーチェアを取り付けるためにはテーブルの奥行きや厚み、形状に制約があります。
また使えるギリギリの厚みの場合には、固定用つまみを結構頑張って回すことになります。
地味にこの作業が大変だったりします。

★キャリフリーにしたらベビーチェアの苦労が無くなった

キャリフリーは言ってしまえ布切れ一枚のため、バッグにスッポリ入ります。
これにより、持ち運びが格段に楽になった訳です。
椅子への固定もプラスチックバックルでカチャンとするだけなので簡単です。
椅子の背もたれの幅に応じてベルトの長さの調整は必要ですが、ベビーチェアの取り付けに比べたら楽だと私は思います。
そして前述の通り布切れ一枚ですので汚れても、カバーの取り外しとかも無く簡単に洗えます。
一応、洗濯は手洗いでという事になってますが、ネットに入れて洗濯機洗いで問題ない感じです。

★大人用の椅子しかないところはどうするの?

キャリフリーは大人の腰に取り付ける事も出来ます。
これにより自分の膝の上に安定した状態で子供を座らせる事が可能になります。
キャリフリーで固定するので、自分の手で子供を押さえておく必要はありません。

とは言っても、この機能はほとんど使ってないです。
いざ子連れで出かけてみるとわかるのですが、子連れがチョイスするような店には大体ハイチェアがあるもんです。
ただし、ベルトが無い事が多いです。そこでやっぱりキャリフリーの出番な訳ですね。


そんな訳で我が家では出かける時に常にキャリフリーを持ち歩いています。
是非オススメですので試してみて下さい。